武蔵野茶房冬メニューがはじまります。
おまたせいたしました。
武蔵野茶房の冬のメニューが12/1(木)からはじまります!

あったか甘味メニューや冬だけの特別なパフェなど、是非チェックしてください。

茶房冬/芋ぜんざい1129

芋ぜんざい
寒い日には、ほくほくのお芋とぜんざいの組み合わせはあったかくて、甘くておすすめです。さつまいもは、香りが良く甘味の強いものを厳選して使っております。
茶房冬/抹茶しるこ1129

抹茶しるこ
愛知県南山園からとりよせる上質の抹茶を使用し、深みのある味わいの抹茶しるこをつくりました。
ふっくらしたおもちかもちもちの白玉のお好きな方をお選びいただけます。





茶房冬/鹿の子と抹茶のパフェ1129

鹿の子と抹茶のパフェ
白花豆、金時豆、小豆、えんどう豆・・と色とりどりの豆のトッピングがかわいらしい、武蔵野茶房冬のパフェです。
抹茶あんや抹茶アイスの苦味とさっぱりとした甘さと鹿の子豆の風味がよくあいます。





茶房秋/黒糖カン1027

珈琲寒天
秋の特別メニューの珈琲寒天ですが、好評につき冬も引き続き提供させていただくことになりました。
ゼリーではないので、寒天のプリプリとした食感と武蔵野茶房自慢の珈琲のコクと苦味と香りがお楽しみいただけます。シロップではなく黒蜜をかけていただく武蔵野茶房自慢の逸品を是非一度、お試し下さいませ。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
レトロな雰囲気が印象的な武蔵野茶房へ初来店。銀座店は一角のビルの地下に佇む隠れ家的なカフェです。オーダーした冬メニュー「鹿の子と抹茶のパフェ」はモンブラン風に絞られた抹茶餡に白花豆、金時豆、小豆、えんどう豆の甘納豆とゆで小豆が乗ったパフェ。豆マニアにはた
2005/12/21(水) 00:31:42 | 末期的甘味症候群